発光本棚

書評ブログ

発光本棚

2022-07-04から1日間の記事一覧

【純文学】美人画に捧げし生涯、上村松園の涙 |『序の舞』| 宮尾登美子 | 感想 レビュー 書評

評価:90/100 作品情報 著者 宮尾登美子 出版日 1982年 小説の概要 宮尾文学の喜び、巧みな滑り出し 現代でもなお残り続ける、男と女の非対称性を暴き出す 二人三脚が行き過ぎな母と子の関係 可もなく不可もない映画版 最後に 小説の概要 この小説は、明治か…

TOP