発光本棚

書評ブログ

発光本棚

2021-11-26から1日間の記事一覧

【歴史小説】退屈なる徳川和子の生涯 『東福門院和子の涙』 著者:宮尾登美子 〈書評・レビュー・感想〉

評価:80/100 作品情報 著者 宮尾登美子 出版日 1993年4月1日 小説の概要 睡魔と戦い続ける小説 最後に 小説の概要 この作品は、江戸幕府2代将軍・徳川秀忠(ひでただ)の娘であり、後水尾(ごみずのお)天皇に嫁ぎ、のちに明正(めいしょう)天皇の母となっ…

TOP