発光本棚

書評ブログ

発光本棚

【ビジネス書】高いモチベーションを維持する秘訣!? |『「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!』| 苫米地英人 | 感想 レビュー 書評

本の情報 著者 苫米地英人 出版日 2012年6月22日 本の概要 目先の悩みよりゴール(目的)が大切!! 最後に 本の概要 この本は、認知科学によって日々の生活習慣を改善し、モチベーションやパフォーマンスを向上させるという主旨のビジネス書(自己啓発書)で…

【ビジネス書】1億総戦国大名の時代 |『評価経済社会 電子版プラス』| 岡田斗司夫 | 感想 レビュー 書評

本の情報 著者 岡田斗司夫 出版日 2013年7月11日 本の概要 情報化社会=戦国時代 最後に 本の概要 この本は、人々が貨幣の代わりに評価と影響力を奪い合う“評価経済”という概念について解説がされます。 影響力とはツイッターのフォロワー数、YouTubeのチャ…

【ビジネス書】未来は予測できる!! |『未来に先回りする思考法』| 佐藤航陽 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 佐藤航陽 出版日 2015年8月27日 本の概要 テクノロジーとビジネスのパターンを覚える テクノロジーの性格を学ぶことで未来を読む 再編集ではなくただの総集編 最後に 本の概要 この本は、IT企業の創業者として数多くのビジネスを成功させた著…

【ビジネス書】新しいビジネスの常識、プロトタイピング |『プロトタイプシティ -深センと世界的イノベーション-』| 高須正和 高口康太 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 高須正和・高口康太 出版日 2020年7月31日 本の概要 連続型のビジネスから非連続型のビジネスへの変化 全てがプロトタイピングで繋がる快感 最後に 本の概要 この本は、プロトタイピングというビジネス手法と中国の深センの関係について語られ…

【PS】シンプルなRPGのお手本!? |『FF4 / ファイナルファンタジー4(PS版)』| レビュー 感想 評価

プレイ動画 評価:85/100 作品情報 ジャンル RPG 発売日(日本国内) SFC版:1991年7月19日PS版:1997年3月21日 開発(デベロッパー) スクウェア(現 スクウェア・エニックス) 開発国 日本 ゲームの概要 『FF4』を再プレイする理由 衝撃に次ぐ衝撃のストーリ…

【サスペンス小説】斬新!? 間取り図サスペンス |『変な家』| 雨穴 | 書評 レビュー 感想 評価

評価:90/100 作品情報 著者 雨穴 出版日 2021年7月20日 小説の概要 家の間取りに事件を仕込む 間取り図から離れるとやや失速する中盤以降 最後に 小説の概要 この作品は、一見普通に見えてどこかがおかしい間取りの家を調べていくと、間取りに隠された驚愕の…

【#20】リライト作業に四苦八苦、そしてデブリシーズン1を鑑賞した4月

はじめに 小説 4冊 書籍 1冊 最後に はじめに 今回のミニ・ブックレビューは2022年4月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 今月はブログ内のほとんどの記事をリライトする作業に月の4分の1ほどの膨大な時間を費やしました。 …

【海外ドラマ】打ち切りが妥当、超常現象サスペンス |『DEBRIS / デブリ シーズン1』| レビュー 感想 評価

トレーラー 評価:80/100 作品情報 放送期間 2021年3月~5月 話数 全13話 国 アメリカ 放送局 NBC ドラマの概要 人間に興味が無い人たちが作った人間ドラマ 超常現象一点集中ドラマ 最後に ドラマの概要 この作品は、太陽系に突如現れた大破した宇宙船から“デ…

【伝奇小説】死闘、死闘また死闘、脅威の疾走感!! |『信州吸血城 源平妖乱シリーズ #2』| 武内涼 | 書評 レビュー 感想 評価

評価:85/100 作品情報 著者 武内涼 出版日 2020年5月15日 小説の概要 運命的な巴と木曽義仲の出会い これだと源平妖乱ではなく源氏妖乱 最後に 源平妖乱シリーズ 武内涼作品 小説の概要 この作品は、平安時代の末期、源義経が属する鬼狩り集団“影御先(かげ…

【劇場アニメ】STUDIO 4℃が贈る他人の夢の尻ぬぐい戦記 |『映画 えんとつ町のプペル』| レビュー 感想 評価

トレーラー 評価:70/100 作品情報 公開日 2020年12月25日 上映時間 101分 アニメ制作会社 STUDIO 4℃ アニメの概要 プロとしてのプライドをぐっと呑みこんだSTUDIO 4℃ オタキングからの的確なアドバイス 最後に アニメの概要 " data-en-clipboard="true">この…

【アメリカ映画】映画デザイン、映像の革命!! |『DUNE(デューン) 砂の惑星』| レビュー 感想 評価

トレーラー 評価:120/100 作品情報 公開日(日本) 2021年10月15日 上映時間 155分 映画の概要 映像磨きに余念のない傑作 原作小説との比較 最後に 原作小説 映画の概要 " data-en-clipboard="true">この作品は、フランク・ハーバートのSF小説『デューン 砂…

【SF小説】約60年読者をトリップさせ続ける傑作SF叙事詩!! |『DUNE(デューン) 砂の惑星』[新訳版] 上・中・下 | フランク・ハーバート |訳者:酒井昭伸 | 書評 レビュー 感想 |

評価:100/100 作品情報 著者 フランク・ハーバート 出版日 アメリカ:1965年 小説の概要 後世の様々なSFに影響を与えし伝説の古典 デヴィッド・リンチ版(1984年)の映画との比較 ドゥニ・ヴィルヌーヴ版(2021年)の映画との比較 最後に 映画版 小説の概要 …

【#19】マンダロリアン、ボバ・フェットにハマりまくりの3月

はじめに 小説 4冊 書籍 2冊 最後に はじめに 今回のミニ・ブックレビューは2022年3月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 今月も2月から引き続き使い勝手の良いファイヤーTVで、VOD(動画配信サービス)を利用し映画やドラマ…

【邦画】本物の映像作家 濱口竜介 |『寝ても覚めても』| レビュー 感想 評価

トレーラー 評価:90/100 映画の概要 用意周到であり大胆不敵な映画 最後に 映画の概要 この作品は、主人公・朝子が、顔がそっくりなものの人間性は真反対の二人の男性の間で揺れ動く様を描いた恋愛映画です。 原作は小説ですがそちらは未読です。 世界的に評…

【伝奇小説】平家vs源義経vs吸血鬼 |『不死鬼 源平妖乱シリーズ #1』| 武内涼 | 書評 レビュー 感想

評価:90/100 作品情報 著者 武内涼 出版日 2019年10月11日 小説の概要 無駄のないハイテンポ忍び伝奇アクション 最大の欠点はキャラクターの薄さ 最後に 源平妖乱シリーズ 武内涼作品 小説の概要 " data-en-clipboard="true">この作品は、平安時代の末期、平…

【歴史小説】魔王と、覇業に立ちはだかる者たち |『信長、天を堕とす』『信長、天が誅する』| 木下昌輝 天野純希 | 書評 レビュー 感想

評価:80/100 作品情報 著者 木下昌輝天野純希 出版日 2019年11月27日 小説の概要 アイデアが凡庸止まり 信長が両作品に顔を出す中途半端さ 最後に 木下昌輝作品 天野純希作品 小説の概要 この作品は、文芸雑誌である小説幻冬の“信長プロジェクト”という、二…

【歴史小説】戦国の梟雄の心を暴く連作短篇 |『宇喜多の捨て嫁』| 木下昌輝 | 書評 レビュー 感想

評価:85/100 作品情報 著者 木下昌輝 出版日 2014年10月27日 小説の概要 デビュー作とは到底思えない安定の構成力 戦国の疑心暗鬼を追体験 最後に 木下昌輝作品 小説の概要 この作品は、戦国時代に幾人もの敵を卑怯な手段で暗殺し、自分の娘を嫁がせた家を次…

【#18】クロエ・ジャオの『ザ・ライダー』で映画熱復活の2月

はじめに 小説 5冊 書籍 3冊 最後に はじめに 今回のミニ・ブックレビューは2022年2月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 今月は、AmazonのファイヤーTVスティック 4K MAXを購入したため、色々なVOD(動画配信サービス)の使…

【アート】アートと会計、プラットフォームを巡る対談 |『教養としてのお金とアート 誰でもわかる「新たな価値のつくり方」』| 田中靖浩 山本豊津 | 書評 レビュー 感想

本の情報 著者 田中靖浩 山本豊津 出版日 2020年9月2日 本の概要 アートと会計の類似性 文化と文明の違い アーティストが国を解釈する時代 最後に 本の概要 この本は、画商である山本豊津さんと、公認会計士である田中靖浩さんの二人が、アートと会計(簿記…

【ホラー小説】『山の霊異記 幻惑の尾根』| 安曇潤平 | 書評 レビュー 感想 |

評価:70/100 作品情報 著者 安曇潤平 出版日 2013年5月 小説の概要 アイデアを未加工で見せてしまう脇が甘い短篇 最後に 山の霊異記シリーズ 安曇潤平作品 小説の概要 この小説は、山にまつわる怪奇譚が語られる短篇集『山の霊異記(りょういき)』シリーズ…

【ホラー小説】作者の露出が増した山岳怪談集 |『山の霊異記 黒い遭難碑』| 安曇潤平 | 書評 レビュー 感想 |

評価:75/100 作品情報 著者 安曇潤平 出版日 2010年6月 小説の概要 誰かの話から自分の話へ 最後に 山の霊異記シリーズ 安曇潤平作品 小説の概要 この小説は、登山にまつわる怪談短篇集『山の霊異記(りょういき)』シリーズの二作目です。全部で22篇の短篇…

【ホラー小説】山岳ホラー短篇集 |『山の霊異記 赤いヤッケの男』| 安曇潤平 | 書評 レビュー 感想

評価:80/100 作品情報 著者 安曇潤平 出版日 2008年2月 小説の概要 山、それはあの世とこの世の狭間 最後に 山の霊異記シリーズ 安曇潤平作品 小説の概要 この小説は、登山にまつわる怪談が28篇収録された山岳怪談の短篇集です。 基本は山で体験した薄気味悪…

【純文学】満州から故郷への帰還、そして母との別れ |『仁淀川(によどがわ)』| 宮尾登美子 | 書評 レビュー 感想

評価:80/100 作品情報 著者 宮尾登美子 出版日 2000年12月25日 小説の概要 都会の嫁、田舎の姑、静かなる戦い 最愛の母との別れ ・・・疲れたの? 最後に 宮尾登美子作品 小説の概要 " data-en-clipboard="true">この作品は、作者がかつて経験した満州からの…

【ガジェットレビュー】旧型テレビが最新のスマートテレビに!! 『Fire TV Stick(ファイヤーTVスティック) 4K MAX(第三世代)』

ガジェットの概要 PS4からFire TV Stickへと乗り換え 最高の機能、Bluetooth(ブルートゥース) 最後に 余談 ※自己責任 ガジェットの概要 このFire TV Stickは、TVやモニターのHDMIポートに差し込むことで、各種の動画配信サービスアプリを起動させるプラッ…

【小説】満州サバイバル |『朱夏』| 宮尾登美子 | 書評 レビュー 感想

満洲ドキュメンタリー 評価:100/100 作品情報 著者 宮尾登美子 出版日 1985年 小説の概要 救いのない引き揚げ者同士の反目 作家・宮尾登美子の誕生 最後に 続編 宮尾登美子作品 小説の概要 この作品は、日中戦争の末期に満蒙(まんもう)開拓移民の一員とし…

【#17】オフライン生活の中『映像の世紀』に感動した1月

はじめに 小説 2冊 書籍 1冊 最後に はじめに 今回のミニ・ブックレビューは2022年1月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 今月は自宅のネット回線をIPv4からIPv6(IPoE)に改善しようとプロバイダと光回線を変更する作業に手…

【小説】高知の田舎ヤクザ盛衰記 |『鬼龍院花子の生涯』| 宮尾登美子 | 書評 レビュー 感想

映画版 予告 評価:85/100 作品情報 著者 宮尾登美子 出版日 1980年1月 小説の概要 滅びの作家宮尾登美子 映画版は日本の映画史に残る大傑作!! 最後に 宮尾登美子作品 小説の概要 " data-en-clipboard="true">この作品は、高知県の田舎ヤクザである鬼龍院一家…

【小説】受け継がれる音色、消えゆく魂 |『一絃の琴』| 宮尾登美子 | 書評 レビュー 感想

評価:95/100 作品情報 著者 宮尾登美子 出版日 1978年 小説の概要 宮尾登美子作品なのに読みやすい!! 不自然さが微塵もない宮尾流リアリティ 信頼と裏切り、転落と復活、琴に翻弄される二人の生涯 最後に 宮尾登美子作品 小説の概要 " data-en-clipboard="tr…

【更新日 2022年5月22日】ブックレビュー一覧

ビジネス書 歴史(ヒストリー)・教養(リベラルアーツ) 科学(サイエンス) 芸術(アート) その他 ブックレビューをカテゴリーごとにまとめました。カテゴリーの分け方は読んだ際の感覚を元にした完全なる主観なのでご注意ください。 ☆1はそこそこおすす…

【#16】大河ドラマ『風林火山』にドハマり、そしてPS4のコントローラが故障した12月

はじめに 小説 1冊 書籍 3冊 最後に はじめに 今回のミニ・ブックレビューは2021年12月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 12月は大河ドラマ『風林火山』にドハマりして、結局まともに読書ができないというこれまでと同じ失…

TOP