発光本棚

書評ブログ

発光本棚

薩摩の田舎娘から大奥のトップへ 『篤姫(あつひめ)』 大河ドラマ 〈レビュー・感想〉

評価:80/100 作品情報 放送期間 2008年1月~12月 話数 全50話 放送局 NHK ドラマの概要 どんな権力者にも本音でぶつかる女傑・篤姫 『義経』との共通点、徳川家物語としての篤姫 メリハリのない脚本 最後に ドラマの概要 " data-en-clipboard="true"> この作…

めくるめく螺旋の誘惑 『上弦の月を喰べる獅子 上・下』 著者:夢枕獏 〈書評・レビュー・感想〉

評価:100/100 作品情報 著者 夢枕獏 出版日 1989年8月 小説の概要 作者と物語、幸福なる螺旋 読み始めると止まらない あとがきすらも螺旋の一部 最後に 夢枕獏作品 小説の概要 " data-en-clipboard="true"> この作品は、この世のあらゆるものに螺旋(らせん…

教育者、池上彰の本音 『知らないと恥をかく世界の大問題12 -世界のリーダー、決断の行方-』 著者:池上彰 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 池上彰 出版日 2021年7月9日 本の概要 コロナ禍の対策から見る各国リーダーの能力 教育とは自分の頭で考える術を学ぶこと 最後に 知らないと恥をかく世界の大問題シリーズ 本の概要 この本はジャーナリスト池上彰さんが世界中の時事問題に対し…

月刊ミニ・ブックレビュー #13 2021年9月号

はじめに 小説 2冊 書籍 2冊 最後に はじめに 今回のミニ・ブックレビューは2021年9月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 今月は、今更ながらPS4スリムをSSDに換装しゲームを延々とプレイしていました。 SSDに換装しようと思…

大正・昭和への旅 『櫂(かい)』 著者:宮尾登美子 〈書評・レビュー・感想〉

評価:100/100 作品情報 著者 宮尾登美子 出版日 1972年 小説の概要 活字で大正時代を生きる 人が別の何者かに変わる瞬間の空気を吸える感動 最後に 小説の概要 この作品は、大正時代から昭和初期にかけ、高知県(土佐)で女衒(ぜげん)(女を遊郭(ゆうかく…

妖婦から聡明なる女王へ 『クレオパトラ』 著者:宮尾登美子 〈書評・レビュー・感想〉

評価:90/100 作品情報 著者 宮尾登美子 出版日 1996年9月1日 小説の概要 妖婦からイチ人間へ クレオパトラもメロメロ 歴史小説としてはやや軽い作風 最後に 宮尾登美子作品一覧 小説の概要 この作品は、紀元前一世紀、プトレマイオス朝エジプト最後の女王(…

月刊ミニ・ブックレビュー #12 2021年8月号

はじめに 小説 5冊 書籍 4冊(雑誌がオマケで2冊) 最後に はじめに 今回のミニ・ブックレビューは2021年8月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 今月は大河ドラマ『義経』を中心とした一ヶ月で、ずっと平安時代の勉強をした…

我が子のため鬼となる母、鬼となり我が子を捨てる母 『陰陽師 鬼一法眼 -鬼女之巻- #5』 著者:藤木稟 〈書評・レビュー・感想〉

評価:75/100 作品情報 著者 藤木稟 出版日 2003年7月25日 小説の概要 薄い・浅い・軽い政治劇 最後に 陰陽師 鬼一法眼シリーズ 小説の概要 " data-en-clipboard="true"> この小説は、鎌倉時代の初期、はぐれ者の陰陽師・四代目鬼一(きいち)法眼(ほうげん…

頼朝、雑に死す 『陰陽師 鬼一法眼 -切千役之巻- #4』 著者:藤木稟 〈書評・レビュー・感想〉

評価:75/100 作品情報 著者 藤木稟 出版日 2002年3月30日 小説の概要 相互に関係していないエピソードの羅列 最後に 陰陽師 鬼一法眼シリーズ 小説の概要 この小説は、鎌倉時代の初期、はぐれ者の陰陽師・四代目鬼一(きいち)法眼(ほうげん)(作中では鬼…

命を賭した執念の超大作 『宮尾本 平家物語 #1~4』 著者:宮尾登美子 〈書評・レビュー・感想〉

評価:100/100 作品情報 著者 宮尾登美子 出版日 1巻:2001年5月1日2巻:2002年3月1日3巻:2003年4月1日4巻:2004年4月1日 小説の概要 この小説の執筆途中で死ぬなら本望という覚悟 平家の女は何を想う 大河ドラマとの比較 最後に 大河ドラマ版 宮尾登美子作品一…

TOP