発光本棚

書評ブログ

えんみゅ~

工業デザイナーのものづくり論と日本への警鐘 「フェラーリと鉄瓶 一本の線から生まれる「価値あるものづくり」 」 著者:奥山清行 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 奥山清行 出版日 2007年3月1日 本の概要 珍トラブルが連続するイタリア滞在記 フェラーリのブランド戦略 壊滅的な日本の美的センス 最後に 本の概要 この本は、アメリカのGM(ゼネラルモーターズ)やドイツのポルシェ、イタリアのフェラーリ(…

ビジネス読書と教養読書の使い分け術 「外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術」 著者:山口周 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 山口周 出版日 2015年10月20日 本の概要 決して目先の金儲けに走らず、知のネットワークを築く 最後に 本の概要 この本は、ビジネスパーソンの読む本には、古典のビジネス書のように即仕事に役立つ本と、直接仕事には繋がらなくても自分の個性…

地球史の語り部、その名は海 「海はどうしてできたのか」 著者:藤岡換太郎 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 藤岡換太郎 出版日 2013年2月21日 本の概要 地球由来の山に対し、宇宙由来の海 灼熱地獄と氷地獄、超大陸の移動や気候変動が起こす生物の大量絶滅の不思議 最後に 本の概要 この本は、同じ著者の『山はどうしてできるのか』や『川はどうしてで…

清冽な雪国に育まれた名将、直江兼続の生涯 「天地人」 著者:火坂 雅志 〈書評・レビュー・感想〉

評価:90/100 作品情報 著者 火坂 雅志 出版日 2006年9月1日 小説の概要 雪化粧が映える越後の冬と、人間離れした謙信に酔う文章 延々と戦国時代の説明が続く退屈な中盤以降 最後に 小説の概要 この作品は、戦国大名である上杉景勝(かげかつ)の懐刀として生…

堂々の最高傑作!! 「村上海賊の娘 #1~4」 著者:和田竜 〈書評・レビュー・感想〉

評価:95/100 作品情報 著者 和田竜 出版日 2013年10月22日 小説の概要 和田竜らしい戦国愛が濃密に詰まった超大作 実質主人公ですらある真鍋海賊の大将 豪快な海戦と、それを支える緻密な構成力 最後に 和田竜作品 小説の概要 この作品は、戦国時代の天正4年…

月刊ミニ・ブックレビュー #05 2021年1月号

はじめに 小説 4冊 書籍 3冊 最後に 他の月間読書記録 はじめに 今回の読書記録は2021年1月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 ここ数ヶ月は毎日本ばかり読んでおり、それ以前に比べると格段に日々の生活が充実するようにな…

絶対初見理解不可能バビロニア 「Fate/Grand Order(FGO)絶対魔獣戦線バビロニア(アニメ)」 〈感想・レビュー〉

PV 評価:80/100 作品情報 放送期間 2019年10月~2020年3月 話数 全22話 アニメ制作会社 CloverWorks アニメの概要 いくらなんでも唐突に始まりすぎな最後の旅 戦慄のアクション作画と退屈なシナリオ 最後に アニメの概要 このアニメは、TYPE-MOONが製作した…

中途半端さが否めない川の解説本 「川はどうしてできるのか」 著者:藤岡換太郎 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 藤岡換太郎 出版日 2014年10月20日 本の概要 世界中の謎多き川を巡るミステリーツアー 最後に 本の概要 この本は、川が出来るメカニズムを解説するという内容で、全体が3部構成で出来ています。 第1部は、世界中に存在する謎多き川に関する解…

神の左腕を巡る戦国悲劇 「小太郎の左腕」 著者:和田竜 〈書評・レビュー・感想〉

評価:80/100 作品情報 著者 和田竜 出版日 2009年10月28日 短評 戦国の狙撃手を巡る残酷なる物語 物語に束縛されるだけの小太郎はじめ、もろもろの不満点 最後に 和田竜作品 短評 戦国時代のとある地方を舞台に、戦国最強の狙撃集団である雑賀(さいか)衆の…

笑いと感動の痛快バカ忍術アクションコメディ 「忍びの国」 著者:和田竜 〈書評・レビュー・感想〉

評価:85/100 作品情報 著者 和田竜 出版日 2008年5月 短評 作家和田竜の見出した新境地 笑いに走りすぎてしまったがゆえにないがしろにされるもの 最後に 和田竜作品 短評 戦国時代、織田信長の次男織田信雄(のぶかつ)が、忍びの国である伊賀(いが)に攻…