えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

アニメ、書評、映画、海外ドラマ、ゲームなどのエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

忍法合戦ならぬサイボーグ合戦の開幕 「マルドゥック・ヴェロシティ #2」 著者:冲方丁 〈レビュー・感想〉

まだまだ序章に過ぎなかった1巻とは打って変わり、マルドゥック・スクランブル09チームと傭兵集団カトル・カールによるサイボーグ同士の激しい殺し合いが幕を開け、刺激が大幅に増した。 山田風太郎の忍法帖のような肉体を強化されたサイボーグ同士の小気味…

経験と一握りの運で道を切り開くローグライクと、多忙なリアルタイムシミュレーションの融合 「ヒーラーは二度死ぬ」(PS4版) 〈レビュー・感想〉

トレーラー 評価:80/100 作品情報 ジャンル リアルタイムヒーリングストラテジー 発売日(日本国内) 2016年6月3日 開発(デベロッパー) Pon Pon Games 開発国 日本 短評 シンプルかつコンパクトゆえの計算され尽くした中毒性 唯一の不満は戦略性の薄いター…

アニメ版が巨大なせいで陰ってしまった原作小説 「ヘヴィーオブジェクト #1」 著者:鎌池和馬 電撃文庫 〈レビュー・感想〉

評価:75/100 作品情報 著者 鎌池和馬 発売日 2009年10月10日 短評 アニメ版があまりに原作に忠実すぎ、お株を奪ってしまうという問題 アニメ版よりも控え目で好ましいラブコメ描写 最後に アニメ版 短評 巨大兵器オブジェクトが戦争の覇者となった近未来を舞…

マルドゥック・スクランブル09の成立直後に立ち会う前日譚 「マルドゥック・ヴェロシティ #1」 著者:冲方丁 〈レビュー・感想〉

評価:80/100 作品情報 著者 冲方丁 発売日 2006年11月8日新装版:2012年8月23日 短評 マルドゥック・スクランブル本編との差異 ボイルドとウフコックの蜜月時代が逆に哀愁を誘う前日譚 最後に マルドゥック・ヴェロシティシリーズ 短評 『マルドゥック・スク…

長きに渡る迷走を経てついに至高の現代戦へと到達したシリーズ最高傑作! 「コール オブ デューティ モダンウォーフェア」(PS4版)(※キャンペーンモードのみ) 〈レビュー・感想〉

トレーラー 評価:100/100 作品情報 ジャンル FPS 発売日(日本国内) 2019年10月25日 開発(デベロッパー) Infinity Ward 開発国 アメリカ 短評 復活のモダンウォーフェアシリーズ これまでプレイした全FPSを過去にしてしまう銃撃の快感 ようやく自国のため…

十二国記版の官僚たちの夏ならぬ冬を描いた傑作短編集! 「十二国記 丕緒(ひしょ)の鳥」 著者:小野不由美 〈レビュー・感想〉

評価:90/100 作品情報 著者 小野不由美 発売日 2013年6月26日 短評 冬の時代を生きる役人たちの奮闘記 悩める芸術家「丕緒の鳥」 人の姿をした死に神が繁栄の終わりを告げる「落照の獄」 軽いのに重い荷物を運ぶ旅「青条の蘭」 本物の鳥が夜明けを伝える「風…

爆速テンポな一人プレイ用バトロワ練習モード 「コール オブ デューティ ウォーゾーン」※バトルロイヤルの演習モードのみの感想

トレーラー ただのシンプルな練習モードゆえの意外な中毒性 この記事は『コールオブデューティ モダンウォーフェア』の基本無料版として配信されたバトルロイヤルをプレイ出来るウォーゾーンの感想です。ただし、肝心のバトルロイヤルモードには一切触れない…

陰惨な雨乞いの儀式に隠された謎に刀城言耶が挑むシリーズ5作目 「水魑(みづち)の如き沈むもの 刀城言耶シリーズ #5」 著者:三津田信三 〈レビュー・感想〉

評価:80/100 作品情報 著者 三津田信三 発売日 2009年12月10日 短評 神々櫛(かがぐし)村の恐ろしさ再び 雨乞いの儀式に否応なく期待が高まる序盤~中盤 致命的なほど盛り上がらない雨乞いの儀式と怪事件 最後に 刀城言耶シリーズ 短評 水魑(みづち)と呼…

密室トリックが複雑化しすぎて種明かしが退屈という歪な短編集 「ミステリークロック 防犯探偵・榎本シリーズ #4」 著者:貴志祐介 〈レビュー・感想〉

評価:75/100 作品情報 著者 貴志祐介 発売日 2017年10月20日 短評 もはや難解すぎてなんのこっちゃな密室トリック 気圧差を利用した不可能犯罪という斬新なアイデア 最後に 防犯探偵・榎本シリーズ 短評 あまりに密室トリックの細部に凝りすぎた結果、トリッ…

相変わらず密室の中は空っぽな短編集 「鍵のかかった部屋 防犯探偵・榎本シリーズ #3」 著者:貴志祐介 〈レビュー・感想〉

評価:75/100 作品情報 著者 貴志祐介 発売日 2011年7月26日 短評 監視カメラも最新のセキュリティも登場しない、ただドアが開かないというだけの密室 もううんざりな劇団「土性骨」 最後に 防犯探偵・榎本シリーズ 短評 同じ短編集である『狐火の家』同様、…