えんみゅ~ -えんためみゅーじあむ-

書評を中心にしたエンタメ作品総合レビューブログ

えんみゅ~

月刊読書記録 #03 2020年11月号

" data-en-clipboard="true"> はじめに 小説 合計4冊 その他書籍 合計1冊 最後に 他の月間読書記録 はじめに " data-en-clipboard="true"> 今回の読書記録は2020年11月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 今月も10月と同様に…

織田信長の命である、安土山に築城せよ!! 「火天(かてん)の城」 著者:山本兼一 〈書評・レビュー・感想〉

映画版のPV 評価:90/100 作品情報 著者 山本兼一 出版日 2004年6月14日 短評 お城作りもりっぱな戦だ!! 思っていたよりも盛り上がらないストーリー 最後に 短評 戦国武将である織田信長の居城、安土城作りを任された宮大工の岡部又右衛門(またえもん)以言…

日本史をストーリー化してしまった脅威の歴史教科書 「一度読んだら絶対に忘れない 日本史の教科書」 著者:山崎圭一(ムンディ先生) 〈書評・レビュー・感想〉

プロモーション 本の情報 著者 山崎圭一(ムンディ先生) 出版日 2019年9月17日 短評 日本史を暗記科目ではなく壮大なストーリーとして学習する斬新な歴史教科書 流れで捉えるから明確に見える失敗のメカニズム 人物や用語で索引が出来ない重大な欠陥 最後に…

想像力の限界を突き破り未知なる境地へ到達した超傑作SF叙事詩 「百億の昼と千億の夜」 著者:光瀬龍 〈書評・レビュー・感想〉

評価:120/100 作品情報 著者 光瀬龍 出版日 1967年 短評 始まりと終わり、そして永遠の物語 死にゆく世界が託す遺言 1960年代の小説とは思えない奇抜なセンス 原作小説とマンガ版との比較 最後に 短評 ギリシャ哲学・バラモン教・仏教・キリスト教・量子論と…

四谷怪談を文学として再創造した傑作 「嗤う伊右衛門(いえもん)」 著者:京極夏彦 〈書評・レビュー・感想〉

評価:90/100 作品情報 著者 京極夏彦 出版日 1997年6月1日 短評 この世の何も愛せない男と、愛が深い故に身を滅ぼす者たちの織り成す悲劇 原作があるゆえに強烈に滲み出る京極夏彦らしさ 最後に 京極夏彦作品 短評 歌舞伎や落語、演劇や映画など様々な媒体で…

答えのない人生に迷う者を時に厳しく時に優しく見守る作家、冲方丁の本領 「微睡みのセフィロト」 著者:冲方丁 〈書評・レビュー・感想〉

評価:80/100 作品情報 著者 冲方丁 出版日 2002年4月 短評 冲方丁の特徴を並べて展示した見本市のようなハードボイルドSF これって短編じゃん…… 最後に 冲方丁作品 短評 従来の人類である感覚者(サード)と、超次元能力に目覚めた新たな人類、感応者(フォ…

月刊読書記録 #02 2020年10月号

はじめに 小説 合計3(上下巻をそれぞれ一巻として計算すると5)冊 その他書籍 合計5冊 最後に 他の月間読書記録 はじめに 今回の読書記録は2020年10月に読破した本をブログでのレビュー記事あり・なし問わず紹介します。 今月は読んだ本の大半が好みに合致…

現実と異界、人と神が隣接する狭間の郷、遠野 「遠野物語remix(リミックス)」 著者:京極夏彦×柳田國男 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 京極夏彦 柳田國男 出版日 2013年4月18日 短評 民俗学の原点、妖怪小説家京極夏彦の手により再編集 この世とあの世の狭間の地、遠野の魅力 最後に 京極夏彦作品 短評 民俗学者である柳田國男(やなぎた くにお)が現在の岩気県遠野地方に伝わ…

月刊読書記録 #01 2020年9月号

はじめに 小説 合計2冊 その他書籍 合計6冊 最後に 他の月間読書記録 はじめに これからは月末にその月に読破した本をレビュー済みかどうかを問わずまとめて紹介する月刊読書記録という企画を始めたいと思います。 本は、一冊一冊、現状の自分の状態に合う・…

地球、約46億年の歴史をたった三つの石で読み解く良著!! 「三つの石で地球がわかる -岩石がひもとくこの星のなりたち-」 ブルーバックス 著者:藤岡換太郞 〈書評・レビュー・感想〉

本の情報 著者 藤岡換太郞 出版日 2017年5月17日 短評 暗記ではなく流れで掴む石と地球の歴史 石の歴史と地球の歴史が重なる瞬間 最後に 短評 地球に最もありふれた橄欖(かんらん)岩、玄武岩、花崗(かこう)岩の三つの岩石を中心に、地球がどのように進化…